仕事と家事の分担は両方半分づつという選択肢もある

相手の支えとなる家事も仕事です

  • TOP >> 

朝早くから夜遅くまで仕事をしている人は心も身体も疲れきっていて、どこかで癒しや安らぎを求めているものです。 中でも稼いでいる男性は会社でも責任が重い役員についていることが多く、パートナーにはそんな男性をしっかりと支えてあげる女性が必要でしょう。 ではどのような事をすれば支えてあげられて、また安らぎを与えることができるのでしょうか。
男性は、母親のような奥さんを求めることが多いといいます。 小さいころから自分の身の回りをしてくれていた母親の存在は男性には大きなもので、温かく美味しいご飯や、毎日清潔にしている部屋、そして洗濯などをしっかりとしてくれていた母親像は絶大なものです。

そこで稼ぐ男性を支えるためにも、家事を完璧にこなすことが出来る人というのが条件の一つになってくるでしょう。 ご飯は和洋中何でもつくれて、しかも栄養バランスを気にした料理が良いと思います。 毎日揚げ物やお肉を中心としたものでは、身体を壊してしまいますし、糖尿病や生活習慣病にかかってしまい、最悪働くことができなくなってしまいます。 これでは元も子もないので、野菜を中心としたお肉やお魚、そしてフルーツも適度に取り入れた料理を考えましょう。 三食つくることが理想ですが、無理をする必要はありません。 朝ごはんと夜ご飯だけ作って、お昼ご飯はどこかで食べてもらうなど、女性にもいき抜きができる瞬間は大事です。 もしお昼ご飯を作る余裕があるなら、手作りお弁当がおすすめです。 お弁当にすると食べすぎを防止することもできますし、外食ではなかなか食べられないフルーツを入れることもできます。 健康は食事からとも言いますので、栄養に気を配った食事を用意してあげるのが良いと思います。

次は掃除と洗濯です。 部屋の隅からすみまでしっかりと掃除している人はどのくらいいるのでしょうか? 毎日トイレ掃除をしている人も少ないかもしれません。 ですが、汚れた場所には悪い気がたまっていて風水的にもよくありません。 そこで毎日掃除をすることで、悪い気を浄化させ、毎日気持ちよく過ごすことができるのです。 洗濯は最新のものだと乾燥まですべてしてくれるので、疲れることはないのですが、その後の取り込みが面倒だという人がいます。 確かに一人暮らしではないので量も必然的に多くなるでしょう。 ですが、疲れて帰ってきた旦那さんのためにもすっきりと収納されたクローゼットは心から安らぐものだと思います。 このように相手のことを思いやることが、一番でしょう。

もし、なんで自分が家事を全てやらないといけないんだと思う方は旦那さんと分担するという方法もあります。 ですが、何もせずに家事だけ分担してくれでは旦那さんも納得しないと思うので、あなたも仕事を始めてみましょう。 お互いに稼いでいるのだから家事も協力してやろうというは納得できない人はいないと思います。 さらに、旦那さんの収入に近づけば近づくほど、家事の両立ができるようになってくると思うので、女性に人気の風俗求人サイトを見て、旦那さんを追い抜くぐらいの勢いで稼げるところを探してみましょう。
家事より仕事の方が大変と言う考えは間違いですし、仕事より家事の方が大変だという考えも間違いだと思いますが、そういう視点ではなく、お互いが納得できるパートナーになることが大切なのです。